満員電車を回避する方法7選【即実践できる方法も紹介】

コロナ
スポンサーリンク

緊急事態宣言が解除されて、満員電車の日常が戻ってきてしまいましたね。

できればその満員電車を回避したいですよね。

 

そこで今回は、満員電車を回避する方法を7つ紹介します。即実践できる方法も紹介しますね。

記事を読み終えると、満員電車を回避できるのは勿論の事、働く事について今よりラクに考える事ができる様になります。

スポンサーリンク

満員電車を回避する方法①:各駅停車に乗る

急行がある電車なら、各駅停車に乗るのがオススメです。

何故なら、皆さん朝は時間がないので、急行に比べると各駅停車に乗る人は非常に少ないからです。

 

ただ、その分電車に乗る時間は長くなってしまいます。

しかし、満員電車を避けられる&スペースにゆとりがあるので、読書をするなどして時間を有効に使えますよ。

 

つまり、『満員電車を回避できる』+『電車に乗っている時間を有効に使える』ことから、各駅停車に乗るのはオススメです!

満員電車を回避する方法②:通勤時間を工夫する

満員電車を回避するには、通勤時間を工夫する必要があります。

通勤時間を工夫する方法は3つあります。

どれか1つは使えるはずなので、自分ができそうなものを使ってみましょう!

通勤時間を工夫①:早朝に出勤

朝の7時30分〜9時が電車のピーク時間だと言われています。

つまり、7時30分より早く会社の最寄駅につけば、満員電車を回避している事になります。

マメ
マメ

そんなに早く会社に着いても、その分早くから仕事をしなきゃだから嫌だよ。

早く会社に着く必要もないし、早く仕事を始める必要もありませんよ。

会社の最寄駅に着いていればいいのです。

 

満員電車を回避する為に、早く会社の最寄駅に着いたら、近くのカフェで読書をするなど、自分のしたい事に時間を使うのがオススメです。

通勤時間を工夫②:フレックスを使う

会社がフレックス制度を導入しているなら、迷う事なく使いましょう!

 

会社によってコアタイムがあると思いますが、可能であれば11:00出社がオススメです。

何故なら、満員電車を回避できるのは勿論、座れる確率が非常に高いからです。

 

フレックス制度は、満員電車を回避するには最高の制度なので、積極的に使ってみましょう!

通勤時間を工夫③:時差出勤

満員電車を回避する方法として、時差出勤もオススメです。

マメ
マメ

フレックス制度と何が違うの?

時差出勤は、出勤時間に伴って退勤時間が決まる制度です。

例えば、10:00出社なら19:00退勤、11:00出社なら20:00退勤みたいな感じですね。

フレックスは、10:00出社で17:00退勤もできるので、融通が利くのはフレックスの方かなと。

 

もし、今あなたが働いている会社が時差出勤可能な会社なら、試してみてください。

満員電車を回避する方法③:車通勤にする

会社が許してくれるなら、車通勤がオススメです。

満員電車を回避できることは勿論、音楽を流しながら歌っても誰に迷惑もかかることがないので。

 

ただ、渋滞にはまってしまう危険性があるので、その点は注意してください。

まとめると、『一人でのびのび出勤できる』+『渋滞に注意する』で、車通勤はオススメです。

満員電車を回避する方法④:会社の近くに引っ越す

満員電車を回避するには、思い切って会社の近くに引っ越すのも手です。

 

会社の近くに引っ越せば、満員電車を回避できる事は勿論、本来電車に乗っていた時間を別の事に使うことができますよ。

睡眠時間を増やしても良いですし、運動など、自由に使う事ができますね。

 

つまり、会社の近くに引っ越す事で、本来満員電車に費やしていた時間と体力を他の事に使うことができます。

満員電車を回避する方法⑤:転職する

満員電車を回避する方法として、思い切って転職をするのも一つの手です。

満員電車を回避する転職方法は大きく分けて3つあります。

 

  • 家の近くの会社に転職
  • リモートワーク可能な会社に転職
  • フレックス制度がある会社に転職

 

現在は、9:00~18:00で働く場所はオフィスに縛られる時代ではありません。

満員電車を回避する事をきっかけに、自分の働き方を見直してみるのがオススメです。

満員電車を回避する方法⑥:仕事を辞める

極論を言ってしまいますが、仕事を辞めるのも一つの手です。

 

『満員電車を回避する為に仕事を辞める!?』と思ったかもしれませんが、今の時代は満員電車を回避しても仕事はできますよ。

例えば、プログラミング、ブログ、ライター、動画編集などがあります。

 

勿論、すぐに稼げるわけではありませんが、満員電車などの人混みがどうしても嫌なら、挑戦する価値はあるのではないでしょうか?

満員電車を回避する方法⑦:正社員にこだわるのをやめる

先ほどの仕事を辞めると似ていますが、正社員という雇用形態にこだわる必要はありません。

 

あなたが何にこだわっているかにもよりますが…例えば、生活できれば十分であれば近所のアルバイトでもいいですよね?

他にも働き方は、パート、契約社員、派遣社員、フリーランスなど様々な働き方があります。

 

どうしても満員電車を回避したいのであれば、一度正社員以外の働き方も考えてみる事をオススメします!

まとめ:満員電車を回避する方法

今回は、満員電車を回避する方法を7つ紹介しました。

  • 各駅停車に乗る
  • 通勤時間を工夫する
  • 車通勤にする
  • 会社の近くに引っ越す
  • 転職する
  • 仕事を辞める
  • 正社員にこだわるのをやめる

どれか一つでも実践できそうな方法はありましたか?

満員電車を即回避したいなら、上から3つのどれかを試してみてください。

また、満員電車を回避する事をきっかけに仕事も見直したい方は下から4つのどれかを実践してみてください。

 

今の時代は、満員電車を我慢する必要はありません。回避できる時代になりました。

満員電車を回避して、自分が働きたい働き方で仕事をしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました